Blenderについてつらつら

blender操作画面

おいらの3DCG歴について

もともとはプログラマーと言いがたい自分だけど、ここ10年ばかしは技術よりのことをたくさんやってきた。 その前は、学生版のmaya買って勉強してみたりして、映像作品を作ろうとして結局失敗した。 学生時代に実写+VFXで遊んでいたけど、本当につくりたかったのは新海誠さんの「星のこえ」みたいな映像作品だった。 結局、できたのは3,4分の実写合成で実験的なことをやったものばかりだったし、 3DCGもチュートリやりはしていたけど、人物とかキャラクタとかの高度なモデリングまでいかなかった。 無機物のモデリングとアニメーションどまりでそこで止まってしまった。 で、結局、どうしてそこで止まってしまったのかつい最近まで理由がわからなかった。 一昨年の暮れあたりからお絵かきをふとしたきっかけで始めた。 なんか、面白そうな本があるから買ってみようと思って買って、そこから雪崩式に本を買い漁った。 デッサンの基礎をやろうと脳の右側で描けを読みきって初めていろいろ見え始めた。そこからBeginner’s Guide to Digital Painting in Photoshop (Beginners Guide)を読んでみたりして、お絵かきの楽しさが見えてきた。さらにその先にどうやって描くのかとか、人体の描き方とかきになって、人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房)とか、美少女キャラデッサン 顔・からだ編とか色々読んでみた。それで、不定期的ではあるけどposemaniacsをやって15秒とか30秒で素描をなんぼか描いてみた。萌え絵も描いてみたりはしてるけど、どう描くか、どうしたらそれっぽくかけるのかということに充填的にやっていたのでそんなに絵を完成させる方向には力を入れてなかった。けど、この絵を描く練習をすることで、いろいろとどういうものが自分にとって心地よくて、不快なのかというものも見えてきたような気がする。デッサンの訓練は、なにか目に見えるものを作るならやっておくべき訓練だと思う。

その辺のお絵かきの訓練と、ちょうど同時期にいじり始めたUnityとが合わさり初めて、ぼちぼちまた3Dをやってみるかねという気になった。今更感が強いといえば強いのだけど、絵もまだまだではあるけど少しは自分の思い描いたものを表現できるようになってきたからもしかしたらいけるんじゃないかと思った。それで、ソフトを何にするかということで考えていたらblenderが大分進化しているし、なにより無料ってことでblenderを使うことにした。僕自身の3DCG歴はshade → blender → mayaといった流れなので、初めての経験というわけではなかった。けど、今回はお絵かきをすることで、少しは養われたものを見る目が随分と役に立ってくれている気がする。それとこの10年で身につけた英語への親和性。開発をやっているとどうしても英語のドキュメントをあたらないとまともな答えを得ることができないとわかって、英語のソースに当たるのが全然、苦じゃなくなった。それでいろいろな海外のチュートリサイトをみたりしてblenderを学習していった。

たぶん、これから3DCGやろうとか、一度3DCGで挫折してるなら一度デッサンやってものを見る目を養うと案外、3DCGを理解しやすくなるかもしれない。周り道のようで近道になると思う。

blenderの学習

それでblenderを学習するのにあたり色々と本を買ってみたり、サイトをみたりした。 その中で良かったものは以下の通り

日本語ソース

  1. Blender 2.5マスターブック ひと通りの機能について、チュートリ形式とリファレンス形式でカバーしてくれている。かなり参考になる。ただし、現在の最新版の2.6系で追加になってる機能については載ってないのでその辺については他を当たるしかない。

  2. キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.3 -Blenderでつくる、ポリゴンキャラクター キャラクターモデリングをしてみたいなら買っておいて損はない本。作業過程のファイルも公開されてるので、どうやってるのか実際に確認しながら、自分でもやっていける。上記のマスターブックをやった上でやったほうが作業で何をしているのか追いやすい。中級以上向け。

  3. Blender超入門!勉強会札幌 第1回マニュアル とりあえず、サクとやってみたい場合に参考になる。無料だし、必要最低限のことがカバーされている。まず、やってみたいと思うなら、ここから始めるといいかも。

  4. Blender攻略本2 −超!入門モデリング−[美味しい珈琲編] 3の続き。 

  5. Blender攻略本3 UVテクスチャー貼ってみるよ! 4の続き。

  6. Blender 3D CGパーフェクトバイブル ―完全無料ですべてができる3DCGソフトの最高峰! (100%ムックシリーズ) チュートリ集。2.4系(インターフェースが現行のものと大分違う)と2.5系とが混在していて、初心者は混乱するかも。

  7. Blender 3DCG パーフェクトバイブル2013 (100%ムックシリーズ) 日本語のソースでは一番新しい内容。チュートリ形式。こういうことができるのかと把握するのにいい内容。

  8. 非公式日本語総合サイト 日本語で一番はやく情報がゲットできるサイト。日本語化されている文書もあるので英語がだめというならここを参考にするといいかも。投稿ギャラリーがあったり日本のコミニティで活発なところでもある。

以上こんな感じ。日本語のソースも大分充実してきていて入門しやすくなってると思う。けど、がっつりやろうとすると細かい話とか、経験積んだ人には当たり前な話が抜けてたりと、案外言語化されていてほしい情報が言語化されてない。その辺、海外ソースにあたると言語化されていて、理解をたすけてくれたりする。

英語ソース

  1. 公式マニュアル 言わずと知れた公式様。細かい挙動について疑問におもったら見ると答えが書いてあったりする。マニュアルだからそんなに難しい英語を使ってない。

  2. Blender Cookie blenderを実践的に体系だって学習したいならここ。有料のCitizen member(月10ドル、Vプリカによる決済が可能だったがリニューアルで月額サブスクリプションの支払いのみになり利用できなくなった 2013年6月追記)になるとかなり充実したチュートリアルをみることができる。また、ビデオ、関連ファイルのDLも可能になるので本当にblenderをマスターしたいならCitizenになっておくとほんと美味しいと思う。Citizenにならなくても見れるチュートリもかなり面白いので一度いって、興味ある分野で流し見してみるといいかもしれない。かなりのボリュームあるのでかなり楽しめる。また、citizenとは別にlearning video seriesもあり、こちらはひとつのトピックについてがっつりした内容になっていて、そのトピックを学びたい場合に重宝する。おいらはBlender: Low Poly Character Training Seriesを買ってみたが、正味21時間とがっつりしていて、なおかつかなり実践的に学べかなりお得。他のシリーズも今やっているチュートリが終わったら買おうかと思っている。おいら的にお気に入りサイト。姉妹サイトのunity cookie, concept cookieも面白かったりする。ただし、ボリュームはblender cookieの方が圧倒的。

  3. blender guru 単発系のチュートリが多い。無料でかなりクオリティの高いテクニック紹介ビデオが多い。

  4. Digital Modeling ([digital]) おいらは、kindle版を買って、まだ読みきってはいないが、かなり網羅的にモデリングについて書いてある本。blenderに限ったものでなくモデリング全般を扱っている良書。かなり幅広い話題に及んでいる。3Dプリンタによる出力についてもかいてあったりとかなりおいしい。

英語ということで、ハードルは高めになるが、その英語さえどうにかなってしまえば、かなりの量のリソースがあふれている。英語がわからなくても、日本語ソースで紹介したないようを理解した上で、これらのビデオをみるというのも手かもしれない。作業風景を一からみせてくれてるので、それをみるだけでもかなり学習できるかもしれない。youtubeにも上記サイト以外のチュートリが大量にあがってるので気になることをキーワードに検索かけてみるといいかもしれない。また、日本語ソースで見つけることが出来ないような、基礎的な話を扱ってくれてるものがあったりするので、困ったら英語で検索してみるのもいいかもしれない。おいらは、ポリゴンフロー(面の貼り方)について今ひとつピンと来なくて色々英語でしらべたらいろいろ出てきてかなりモデリングが楽になった。たぶん、翻訳本とか、mayaとかmaxとかzbrush向けの本に書いてあるのかもしれないが、見つけられなかったので英語で調べた。リソース量が圧倒的に増えるので英語のリソースを利用していくとかなり効率的に学習を進められるのではないかと思う。

blenderはキモい?

よくblenderのインターフェースは独特で気持ち悪いという話がでてくる。ひと通り、プログラミングとかで経験積んでわかったのだけど、blenderの操作系がかなりvimとかemacsとかのeditor系のの操作系に近いということを学習していく過程で思った。どちらかというとvimのコマンド郡みたいなイメージなのかな。ショートカットを多用することでかなり効率化できる。一方、アイコンでの操作となると途端に効率が悪くなる。申し訳程度にメニューが用意されているといったほうがいいのかもしれない。細かい操作で忘れてしまった時ようにメニューが用意されているといったほうがいいのかもしれない。それらを使ってメインに作業をするということを意図して作られてない気がする。ショートカットを多用するということは、かなり学習曲線がきついものということである。慣れればかなり効率的に作業できるけど、なれないとひどくストレスがたまる仕様だと思う。プログラミング世界でいえば、IDEとeditorとの差かもしれない。IDEはショートカットを理解すれば作業効率はあがれども、理解しなくても利用できる。一方、vim、emacs, sublime textといったeditorはショートカットを覚えないとまともに使えない。vim, emacsを初めて使った時は、何をどうしたらいいのかわからなかったし、意図しない操作をして混乱してストレスフルだった。しかし、慣れてしまうとそこから離れられなくなる。それを考えるとblenderというのは3DCGパッケージの中でもeditor的な位置づけ何じゃないかと思う。たとえば、x軸方向に3ユニット動かすとかだと、g x 3といった操作になるし、subdivideだとw sとかになる。これは、メニューから選んでもできるけど、ショートカットを覚えてたほうが断然速いし、移動に関しては下手にメニュでやるよりも数倍速い。この操作系を改めて学習してみて思ったのは、これなんてeditor状態だった。コマンドをうってテキストを編集をするのと同じような形で作業がすすめられるのだとわかって色々と溜飲が下がる思いがした。確かにこれは慣れないと気持ちの悪い世界である。だって、意図しない操作した時の混乱は相当初心者にしてみればストレスフルなんだろうと思う。それは、emacsとかvimを学習した時に通った道だったのでそんなに混乱はなかったけど、これが初体験となるとほんと怖いものだと思う。だから、一般的にキモいと言われてしまうのだと思う。IDE使っていてeditorに切り替えて作業効率が数段上がるのと同じように、この操作系になれると相当作業効率ができると思う。だから、ショートカットをどんどん使って行ってなれるといい環境だと思う。ただ、それが自分には合わないというのなら他のソフトを使ったほうが幸せになれるかもしれない。道具は使ってなんぼだし、道具に使われるのでは目的と手段があべこべで意味を成さないだろうから。

後日追記するかも


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

CAPTCHA
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code