平成最後のコンピュータ周りで思うこと

平成最後というか、前の投稿を書いたついでというか、久々にblogなるものにふれて、あたまの中で思っているコンピュータ周りについて書いておこうと思う。

自分まわりでいえば、メイン環境を完全にwindowsに移行してしまったけど、おもったほど不自由してない。マックでないといけないという理由がほんとなくなった。コストパフォーマンス的なことを考えたときに自分のやっているゲーム制作だとかCGまわりで満足いくスペックを買おうとすると倍以上する上に公式でサポートしてる最近のGPUがRadeonのみでちょっと心もとない。チームレッドのGPU好きな人にはごめんなさいだけど、グラ系でCUDAをサポートしてるソフトが多い関係上、Radeonでいいやになりづらいのだ。そのへんもあってか、ほんと毎日を過ごす環境がwinになり申した。サーバー周りでターミナル叩くこともほぼなくなったし、自分の用途的には十分なのだ。必要になればバーチャルマシンでLinuxを走らせればいいかなと思ってる。

コンピュータのハード自体の進化も一段落つき始めて、シリコンのシュリンクがなかなか進まなくなってきて、ぼちぼち今の方式で拡張するの限界がきてるのだろうなと思う。これとおなじこと多分2015の時点で書いてると思うけど、今はintelが10nmプロセス作るのに難儀してるとか当時考えられない状態になってきてる。TSMCとサムソンしか次世代のプロセスにうまくイケてない。そんな状態を考えるとほんと、物理的な限界がきてるのだろうなと思う。GPUのトレンドをみてもレイトレ用の演算機を乗せるとか単純な性能アップ方向から転換がおきてるところをみると単純なスケールアップでどうにかなる時代が終わりつつあるんだろうなと思う。物理的な方向の限界がきてもソフトウェアの方の進化の余地はまだまだあるので一概にここでコンピュータパワーのスケールはおわりという話にはならないと思う。とりあえず、一区切りが来そうではある。先端プロセス開発競争に一桁兆とかいってたのが今度は二桁兆になってるのをみるとほんとトップ争いで一社のみ生き残って価格の高騰が起きるんじゃないかと嫌な予感がしている。でも、いままでのところのものを大量につなげて分散でやる分には先端プロセスじゃなくてもいいわけだからそのへんは値段あがらないのかもしれない。ただ、スマホの値段の昨今の上がり方をみると、この先端プロセスでつくられるであろう高性能チップの利用先はスマホかARグラスとかのモバイル端末であることは間違いないので、上位機種の値段が今以上にあがりそうである。でも、よほどのことがない限り、ローカルに高度な計算リソースを持つことは必要ないのでたぶん人類の多くには必要ないだろうとおもう。ココ最近のアップルがローカルで処理してるのでプライバシーがまもられる的な宣伝で高機能チップの必要性を謳い始めるのをみるとローカルで計算リソースを大量に持ち続ける意味合いというのが変化してきてるのだと思う。VR/AR/MRでの現実感を損なわないためのローレイテンシか、ネット環境のない状況でのAI利用とか、ローカルでリソースがいるような例というのはほんとすくないように思う。google先生のstadiaとかみるとインフラパワーでローレイテンシーを実現しようとしてるので、案外いろいろなものがクラウドに乗りそうな気配である。ワークステーションもクラウド側に持とうという流れもきてるのでパンピーのもつ端末はシンクライアント化がすすむのだろうなと思う。

そんな感じで世界はすすんでいってるけど、国内のインフラはどんどん貧弱になっていってるように思う。光回線でつないでるはずなのに速度がでなくなるとか、通信にキャップが設けられるとか、従量課金になってるとか、末端ユーザーが感じる不便さがふえてきてる。これから5Gだとかいわれる中、その技術開発まわりで日本の企業名がほぼないとか、ほんと劣化の一途であるとおもう。人にも投資しない、インフラにも投資しないということをやってきた結果なのだろうなと思う。戦時にやった過ちをくりかえしてるって言われるが人間75年やそこらでかわれない生き物なんだなと思う。現状の日本をみるとITまわりで世界についていくのが難しくなる可能性が高いなと鬱蒼とした気分になる。

たぶん、2015からかいてることは変わってないのだろうなと思う。書いた内容の方向に強化されていってるというのが確認できた感じ。自分の知性の劣化も勘案しても大まかな流れは間違ってないだろうなと思っている。 知識のアップデート作業をちまちましていかないとなあとおもうけど、立ち返るのは基礎と呼ばれているところを重点的にさらいたい。

平成を振り返って

いつも自分に対して言い続けてるけど、結局実行できてないけど、綺麗事の御託はいいからとっととものを出せ。 ほんと これだけなんだよな これができてればどうにかなるのにこれができないからどうにもならない。

大きいチャンスを何度も逃してて尽く自分が嫌になる。

糞でもいいから出し続けてるほうが何倍も成長できてるという事実がほんと大事すぎるけどそれができない。人一倍、不安感が強く、身体症状もでるレベルだからという言い訳はいくらでもでてくるけど、失敗しつづけていかないと成長もないなと無駄に干支が3周するくらいいきていつもおもってる。思うだけ。

単純にやればいいのだけど、やれない。やって、糞でいいから出すということをやってればずいぶんと違うのだけど、それがでてないってのはほんと糞である。

平成から令和に切り替わるわけだし、出し続けるようにならないとな。

これもいつもいってる綺麗事でしかなく、これを出したことで満足して実行しないでおわるのかなとも頭の片隅でおもっていたりするわけでほんとつくづく心に染み付いた癖というやつは面倒である