適当な振り返り

気が付いたら2019年も終わりかけてる。
2010年代はほんと自分の弱さを見つめ続ける10年だったと思う。
ゼロからスタートしてやっとことさ今年は自分の足で立ちそうな状態までにはもってこれたかと思う。
パニック症と不安障害でだいぶ外出が減ったけど、ようやく病院にかよって多少は無理をすれば出かけられる様になったかなと思う。
なかなか、精神的な弱さを実感しつつも目をつぶって来たんだなと思う。

ものを作ることはようやく形にできるくらいには物事をオーガナイズできるようになった。
次はそれをコンスタントに日常の中に作業していくということを組み込んで定期的にものをだせるようになれればいいかなと思う。
とりあえず、自分のできる範囲というのが広がりつつあるなと思う。
プログラマー35歳限界説とか年食ったら新規に勉強できなくなるんだろうなという不安も今年の頭にはあったのだけど、結局、数学を勉強し直してみるとかプログラミングの本をよんでみるとか変わらなかった。
たぶん、組織に属してないからそういった説には当てはまらないのかもしれない。
集中力とか体力とかがガクッと落ちたという自覚はあるのだけどその中でどうにかこうにかしていこうと思う。

成功パターンというか、周りでうまい具合に波に乗れた人たちをみているとコンスタントにものを定期的に見えるところにだしていくということをやれてるという共通パターンがあるなとおもっては、自分はまずはリリース、アウトプットをするということが至極苦手であるというのがこの10年ずっと戦ってきた事実だなと思った。
やるときとやらないときのムラの大きさがほんと大きすぎてリリースまでの道のりが遠いなと思った。
日常の中に組み込んでいくということが次の課題かなと思ってる。
日常的に組み込んで、そこから定期的にリリースするのが安定への道だろうと思う。

インプットに関しても、結局、TLとかyoutubeとかで流れてきたものに気が飛んでいってわりと集中して一つの分野に取りかかれてないなと思った。
随分と面白そうな情報が溢れているから仕方ないといえばそうなのだけど、腰を据えて一つの分野を齧りつく集中力がほしいなと思った。
作りたいものベースで知識を蓄えるのは大事だろうなとおもった。
興味ベースでやるとそれが生きてくることはたまにあるけど、その頃にはまた勉強し直さないとだめというのがあるのでやはり作りたいものベースで知識を広げていくという方針に変えていったほうが良いのかもしれない。
どうしてもインターネッツというものは自分に絶え間なく情報を与え続ける装置で、その情報を消化するだけで自分の時間を食われ続けてしまう。
パッシブからアクティブに情報を取る方に切り替えていかないとだめだなと思う。
自分の所属するクラスタ(蛸壺)だけでも膨大な情報があるし、お隣のクラスタを覗き見すると更に情報量は爆発して人生を浪費していく。
覗き屋と露出狂のためのインターネッツというのは変わらないのかもしれないけど、露出狂を自分で探しに行く、見せられて時間を浪費しないようにしていかないと行けないと思う。

人生は有限だなということを感じつつも、自分は自分の信じるもの、信じたものを伝えていくことができるのかと改めて自分に説いている。
この自分の信じるもの、信じたものを次の世代に伝えるという言葉は十数年ぶりにMGS2のプレイ実況を最後までみて最後のほうででてきたことばだけど、わりと自分を突き動かしてた言葉だったなと思い出した。
伝え方がわからなかったなと思う。
言葉にしないと伝わらないけど、その言葉を飲み続けたなと思う。
色々変な方向にこじらせていたなとおもう。
こうするといけないだろうな、これをするとこうなるだろうなとブレーキを全力でふんで、やらない理由を探し続けてきた。
言い訳はほんと簡単にできる。
糞でもいびつでもだしつづけることこそ通じるかもしれないコミュニケーション方法だなと思う。
これを理解しつつ、実行に移せてないのはなさけないなと思いが強くなるだけなっていってる。
あっちゃこっちゃに気持ちが移ろいでしまっているのをもうちょっと集中させてここにいくというのを明確に持っていきたい。

この10年の自分がこうなるだろうなとか、バブルになったところの所感というのはわりと当たっていた感じがあった。
そこに何度もいたのにチャンスの女神の前髪を掴みそこねてきた。
4度つかみ損ねた。
わりと笑ってしまうくらい通り過ぎてしまっていた。
わりと最初のほうのは馬鹿にしてて自分はもっと高潔なものを出すんだって高をくくってた。
でもそこで必要だったのはリリース、定期的に出すことだった。
結局、他の人からもわかるように外をださないといけなかった。
これはまだ熟してないから出すべきじゃない。
こんなものをこの自分が出すのはありえない。
もっと自分はできるはずだ。
そうじゃない。
とりあえず、だしてそのリアクションをみて調整していくべき。
出し続けてクオリティをあげていくべき。
量をだしていくと質がついてくる。
この言葉がすべてだなとおもう。

徒然に書いてみたけど基本的に集中してものを定期的にだすべく習慣、日常の中にものをつくることをいれていく。
はめこんでいく。
それができればどうにかなるんだろうなとおもう。